mitsukeru-life 〜 東京のライフオーガナイザー・谷 歩ホームページロゴ

 

自分に合った片づけやファションを知り、もっと楽しくイキイキした暮らしをミツケル。

 

 

 

 

 

ライフオーガナイザー・谷 歩(たに あゆみ)
  • マスターライフオーガナイザー
  • クローゼットオーガナイザー®︎
  • ジュニア・骨格スタイルアドバイザー®︎
  • マンダラエンディングノートファシリテーター認定講師
  • 社会福祉主事任用資格

マスターライフオーガナイザー®︎ 谷 歩 Ayumi Tani

50代半ば、家族は夫と成人した娘、猫1匹、50鉢近いグリーンに囲まれて暮らしています。

私は片づけが苦手でした。
メディアに登場する収納グッズやスッキリ片づいた素敵な部屋をマネしても上手くいかない。
頑張っているつもりだったけどすぐにリバウンドしたり、スッキリには程遠いんです。
ちゃんと出来てる人がたくさんいる、なのに自分は出来ない。この思いが元でなんとなく後ろめたさや自信が持てずにいました。

娘が生まれた時に「このままだと娘も片づけが苦手な人になっちゃうかも」と不安になり、片づけの教室に通って片づけられるようになりました。
おかげさまで娘は片づけられる人に育ってくれて、ホッとしています。

同じような思いをしている方のお役に立ちたいと思うようになった2016年に「思考の整理」という言葉に惹かれてライフオーガナイザー®︎、クローゼットオーガナイザーのの資格を取得。
その後年齢を重ねるごとに「似合う服がわからない」状態だったのを「分かる」に変えたくて、ジュニア・骨格スタイルアドバイザー®︎になりました。
「自分に似合う」が分かって似合うお気に入りの服だけにし、ライフオーガナイザー®︎の知識を活かした収納にしたら毎日のコーディネイトに迷うことが無くなって毎日が快適に。

現在は自分の経験も合わせてお客様の快適をサポートしています。

たくさんのお宅で片付けのサポートを通じて強く感じているのは、片付けは目的ではなく手段だということ。
というのは片付けていくうちに、本当はこんなことがしたかった、こんな暮らしがしたかったというお話を伺うことが多いのです。
お話を聞いていると自分の過去と重なって時にウルウル来ちゃうことも。。。

また片付いた状態を維持するためには、自分や家族にあった片付け方も大切。
片付いた先の、やりたいことを始められたり自信やゆとりのある生活に
ステップアップできる方がどんどん増えて行くのを願っています。

撮影協力しました

片づけのプロが教える 心地いい暮らしの整え方 / 下村 志保美

『片づけのプロが教える 心地いいくらしの整え方』
下村志保美(三笠書房)

現在募集中の講座

2020年2月14日

Posted by uryudoweb